マックス・キャリア株式会社

扶養内で働きたい

扶養内で働きたい

扶養内に入れる範囲で働きたい

扶養の範囲内でのお仕事を希望されている方に、マックスキャリアの豊富なお仕事の中から、ご希望の年収になるように勤務日数や時間など自由なシフトのお仕事をご提案させていただきます。
収入と税金の仕組みを理解して、あなたにあったお仕事を選んでみませんか。

初めての方でもマックスキャリアがしっかりサポートします。

働き方例

  • 曜日シフト制のお仕事
  • 時間シフト制のお仕事

扶養内でのお仕事に重要な、所得税の仕組み

扶養控除内で働くにあたって、税金や保険の仕組みについてよく知っておきましょう。

配偶者控除のしくみ
  • ご自分の所得税

    所得税は収入から必要経費を除き、さらに種々の所得控除を引いた金額に税率をかけて算出します。年収103万円の場合は、給与所得控除(最低保障額65万円)を引き、そこから基礎控除(38万円)を引くと0円になるので課税されません。

  • 扶養者の所得控除

    配偶者控除の金額は38万円。配偶者特別控除は最高38万円で、収入に応じて段階的に増減し、141万円未満まで適用されます。

収入103万円の壁 ~ 所得税との関わり

収入のある配偶者(扶養してくれる被保険者)がいらっしゃる場合、年収103万円以下ならご自分に所得税がかからず、配偶者の方にも「配偶者控除」が適用され、税金が安くなります。このため、扶養家族の方がたくさん働くと配偶者控除が無くなり、世帯収入が減ってしまうという不都合な現象が生じた時期がありました。1987年に「配偶者特別控除」の制度ができ、この現象は回避されています。

収入130万円の壁 ~ 社会保険との関わり

配偶者の扶養家族になられている場合、年収130万円以上が社会保険料をご自分で納める境となります。年収130万未満でも、自営業や農家は適用外ですので、ご自分で社会保険料を納めなければなりません。これらのことを考えて、扶養家族の範囲内での働き方をご希望の方は、ご相談ください。

あなたにあった働き方をみつけよう

登録する

あなたにあったお仕事をみつけよう